サウジ石油施設にドローン攻撃=イエメン勢力か

  • 2019/05/16(木)

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は5月14日、国営石油会社サウジアラムコの原油パイプラインのポンプ施設が、爆発物を積んだドローン(小型無人機)による攻撃を受けたと明らかにした。これに先立ち、イランが支援しているとされるイエメンの反政府勢力フーシ派のテレビ局は、サウジ施設へのドローン攻撃を開始したと伝えた。サウジは先に、同国の石油タンカーがアラブ首長国連邦(UAE)沖で攻撃を受けたと発表したばかりだった。中東経済誌MEEDなどが伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る