三菱商、ドバイのオンラインタイヤ販売会社に出資

  • 2019/05/15(水)
タイヤのオンライン販売を手掛けるアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国のピットストップアラビア・ドットコム(PitStopArabia.com)は5月13日、三菱商事からの出資が完了したと発表した。同社を戦略的パートナーとし、UAEにおけるマーケットリーダーとしての地位確立を目指す。 ピットストップアラビアは2015年の設立。40種類を超えるブランドを扱い、UAEの150カ所以上の加盟店でタイヤ取り付けサービスを行っている。 同社によると、湾岸協力会議(GCC)諸国のタイヤ市場でオンライン販売が占める割合は1%にも満たない。しかし、向こう5年で13~15%に伸びるとみられ、「三菱商事の出資は、同地域における事業ポテンシャルを裏付けるもの」と期待感を示す。 なお、三菱商事の出資額は明らかにされていない。[日本企業の動向]

関連記事

ページ上部へ戻る