英ベダンタ、ザンビアの水源汚染で損害賠償も

  • 2019/04/15(月)

英最高裁判所は、英天然資源大手ベダンタ・リソーシズのザンビア製銅子会社コンコラ(Konkola)・コッパー・マインズ(KCM)が硫酸などの有害物質を垂れ流して水源を汚染した疑いを巡り、地元の村人らによる英国での損害賠償請求権を認める判決を下した。

関連記事

ページ上部へ戻る