IMF、中東・北アフリカの成長率予測引き下げ

  • 2019/04/11(木)

国際通貨基金(IMF)は4月9日に公表した世界経済見通しの中で、中東・北アフリカ(MENA、アフガニスタンとパキスタン含む)の2019年の域内総生産(GDP)成長率が1.5%になるとの見方を発表した。1月の前回予測から大きく0.9ポイント下方修正。サハラ以南アフリカの見通しは3.5%に据え置いた。

関連記事

ページ上部へ戻る