アフリカ南東部、サイクロンで350人超死亡

  • 2019/03/15(金)

アフリカ南東部を熱帯サイクロン「アイダイ(Idai)」が直撃し、モザンビークやマラウイ、ジンバブエなどで3月20日までに少なくとも350人が死亡、260万人以上が被災している。南半球で起きた気象災害としては過去最大級との見方もある。当局や国連の発表を元に、AFP通信などが伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る