洗剤サラヤ、エジプトで化学複合施設を建設へ

  • 2018/12/05(水)

洗剤やスキンケア製品を手掛けるサラヤ(大阪市)は、エジプト北東部スエズ湾沿岸のアイン・スクナ(Ain Sokhna)に化粧品や医薬品向けの化学複合施設を建設する方針だ。総投資額は1,000万ドルに上る。アラブ・ファイナンスが12月3日伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る