第8回:トルコ企業買収に乗り出す中印大手企業

  • 2018/11/22(木)

中国の電子商取引(eコマース)大手アリババ・グループを含む中国企業が、複数のトルコ企業との間でM&A(買収・合併)に向けた協議を進めているようだ。通貨リラ安をトルコ企業買収の好機ととらえる逆張り投資は、今後加速していく可能性があり、大いに注目される。(増野伊登=三井物産戦略研究所)
2018年8月のトルコショックを受け世界が激震に見舞われる中、アリババによるトルコ同業トレンドヨル(Trendyol)の買収が報じられた。トレンドヨルは2009年の創業。顧客数は1,600万人で、毎月のアクセス数は9,000万回に達する大企業であり、6月にはアリババからの出資受け入れの方針を明らかにしていた。買収額は未公表だが、トレンドヨルの評価額は最低でも7億5,000万ドルに上るという。

関連記事

ページ上部へ戻る