モザンビーク、来年10月に総選挙実施へ

  • 2018/04/15(日)

モザンビークの大統領府は4月11日、来年10月15日に大統領選と議会選(一院制、定数250)、地方選を実施することを決定したと発表した。


前回選挙は2014年10月に実施された。ニュシ現大統領はその際、3期目を狙うゲブザ前大統領に勝利し、所属する与党・モザンビーク解放戦線(FRELIMO)も過半数の議席を獲得した。
アナリストの間では、最大野党・モザンビーク民族抵抗運動(RENAMO)が支持を拡大しているものの、ニュシ大統領が出馬すれば、僅差ながら勝利するとの見方もある。なお、FRELIMOは1994年から政権を握っている。
FRELIMOとRENAMOは、2014年の総選挙の結果などを巡り対立が激化。双方は2016年5月から対話に向けた協議を行い、昨年5月にRENAMOは無期限の停戦を表明した。

関連記事

ページ上部へ戻る