資源アングロ、南アの炭鉱資産を売却

  • 2018/01/30(火)

英資源大手アングロ・アメリカンは29日、南アフリカのニュー・ラーゴ(New Largo)燃料炭プロジェクトと関連資産を地場2社および産業開発公社(IDC)に売却することで合意したと発表した。同国の石炭事業から撤退する戦略の一環で、取引額は8億5,000万ランド(7,100万ドル)。

関連記事

ページ上部へ戻る