英ヴァージン会長、サウジの紅海観光開発に投資

  • 2017/10/03(火)

英ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長は、サウジアラビア政府が紅海で進める大規模リゾート開発プロジェクトに投資するもようだ。同プロジェクトへの国外からの投資はこれが初めてとなる。同国の文化情報省の発表を元に、AFP通信が10月1日伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る