第13回:観光産業の「比重」の大きさ=エジプト

  • 2017/06/29(木)

エジプト航空が、10月29日から成田―カイロ間の直行便を再開することを決定した。日本地区総代理店が6月に発表したもので、政権交代の混乱期にあった2013年7月以来となる。日本からの訪問客数は回復傾向にある。2017年第1四半期(1~3月)は、好調だったチャーター便の実績も貢献して1万4,000人と前年同期比3倍を記録。年間1万2,000人だった低迷期の2014年を既に上回った。国全体を見ても173万8,000人と1年前と比べて5割増となった。随伴統計である宿泊日数も倍増し、一般的に滞在の短い商用客よりも観光客の方が伸びていることがうかがわれる。(池田篤志=ジェトロ・カイロ事務所所長)

関連記事

ページ上部へ戻る