米議会、イラン制裁の延長法案を可決

  • 2016/12/08(木)

米上院は12月1日、イランに対する経済制裁を10年間延長する法案を99対ゼロの賛成多数で可決した。同法案は既に下院でも可決されており、オバマ大統領の署名を経て成立する見通し。イランはこれが核合意に違反するとして、報復の可能性も示唆している。ロイター通信が伝えた。

関連記事

ページ上部へ戻る