トルコの鉱工業生産、5月は5.6%増加

  • 2016/07/21(木)
トルコ国家統計局(TUIK)は14日、5月の鉱工業生産指数(2010年=100、稼働日数調整済み)が131.7ポイントとなり、前年同月比5.6%上昇したと発表した。4月の0.7%(改定値)から伸びが加速し、市場予想を大幅に上回った。 産業別に見ると、製造業が6.3%増加したほか、電気・ガス・蒸気・空調供給は3.2%伸びた。一方、採鉱・採石は0.8%減少している。 項目別で最も大きく伸びたのは、資本財で16.7%拡大。非耐久消費財は7.8%伸びた。エネルギーと耐久消費財もそれぞれ3.3%、3.4%増加し、中間財は0.4%のプラスを確保した。 鉱工業生産は、前月比(稼動日数・季節調整済み)では全体で1.6%増加。4月の1.1%減少からプラスに復帰した。製造が1.9%伸び、電気・ガス・蒸気・空調供給と採鉱・採石はそれぞれ0.3%、0.1%増えた。

関連記事

ページ上部へ戻る